2010年03月17日

小沢氏、普天間移設は政府決定見守る考え(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長は15日、党本部で記者会見し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題に関し「政府が決定することに党としてとやかくいうことは今後もない」と述べ、政府の決定を見守る考えを示した。

 沖縄県内への移設となった場合、社民党の連立離脱を招くとの見方については「(社民、国民新の)両党の党首が閣内にいるのだから、(鳩山由紀夫首相を加えた)3人で話し合って、いい解決策を見いだせばいい」と述べた。

 また、13日の民主党岐阜県連大会で小沢氏の幹事長辞任を求める動議が出されて一時紛糾するなど、小沢氏の求心力が低下し、参院選候補の擁立に遅れが出ているとの見方について「候補者擁立は非常に順調に進んでいる」と反論。求心力低下の指摘には「あなた方(メディア)で判断することだ」とつっぱねた。

【関連記事】
表敬訪問並み? 普天間抜きの日米首脳会談
政争ばかりの「バナナ共和国」 米政府関係者ぼやく
首相、邦夫氏離党で「さまざまな動き出てくる」
小沢氏、普天間移設「党はとやかく言わない」
官邸内に軋み、首相と平野氏「消えた意思疎通」鳩山政権半年
20年後、日本はありますか?

博多港のベイサイドプレイス全面開業=福岡〔地域〕(時事通信)
民主、参院選2人目は「若さ」と「女性」 2匹目のドジョウは?(産経新聞)
厳戒態勢の中、抗議活動も=「第2昭南丸」到着の東京港(時事通信)
鶴岡八幡宮 大銀杏の植え付け作業終わる(毎日新聞)
宇都宮氏の活動、多重債務・地下鉄サリン・貧困(読売新聞)
posted by マツオカ ヒロシ at 09:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。